加齢に伴うたるみやほうれい線の問題!美容施術で一気に解決しよう

加齢に伴うたるみやほうれい線の問題!美容施術で一気に解決しよう

ナース

即効性が高い

現代の人は時間がない人が多く、毎日忙しく過ごしている人が多いです。そこでお肌の老化で悩む人に、美容外科のたるみやほうれい線コースがあります。時間をかけず注射や糸を使うことや、医療機器でメスを使わず解消出来ます。

頬を触る人

選択肢が豊富である

たるみやほうれい線を改善する美容治療は、切らずにできる施術もあり、日常生活に支障をきたさず若返れるのがメリットです。必ず効果が実感でき、治療法の選択肢も多く、予算やライフスタイルに合わせて選べるのも魅力です。

女性

見た目年齢を若くするなら

美容クリニックでほうれい線のたるみ治療を受ける際、手軽な方が良いなら注射や糸による施術を選びましょう。また即効性を選択基準とする時は、サーマクールなどが有効です。そして最も優れた効果をお望みなら、メスを使ったリフトアップが魅力的になります。

年齢を感じさせる原因

カウンセリング

最適な治療法を見つける

年を重ねるごとに増えてくるたるみやほうれい線、みなさんは大丈夫でしょうか。ほうれい線とたるみは同じよう見えますが、実は異なるものです。しかし、両者の間には大きな関係があることも忘れてはいけません。ほうれい線には次のような種類があります。まずは「皮膚たるみ型」で、こちらは肌のたるみが原因で起こるものです。次は「骨くぼみ型」で、こちらは顔の骨格部分、「小鼻のわきにある骨のくぼみ部分」が原因で生じるものです。次は「筋肉型」で、これは頬の筋肉が緊張することで、シワが刻まれてしまうものです。そして最後は「混合型」で、こちらは上記の3タイプの組み合せによるものです。このように様々な種類がありますが、この中でも多いのが、加齢が原因による「皮膚たるみ型」のタイプです。皮膚たるみ型は年を重ねるごとに目立ってきますので、ほうれい線とたるみが同じものだというイメージができあがったのかもしれません。しかしたるみというのは、もともとはほうれい線の原因の1つでしかありませんので、それぞれをしっかり理解することが大切です。老化が原因による肌のたるみは、一般的に肌の真皮層に存在しているコラーゲンや、エラスチンが減少することで起こると考えられます。ご存知のように、私たちの皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の三層から成り立っており、このうち真皮は、表皮部分を支えている大切な組織でもあります。この部分は、若い時は新陳代謝が盛んですが、加齢によって減少して変質していきますので注意する必要があります。次は、ほうれい線について見ていきましょう。ほうれい線は、たるみの種類によって様々なタイプに分類できます。ほうれい線には次の種類があります。乾燥による表皮のたるみ、ハリ不足が原因による真皮のたるみ、加齢による脂肪のたるみ、水分や老廃物が溜まることで起こるたるみなどです。このようにたるみとの関係が大きいので、それぞれセットで見ることも大切です。特に加齢が原因のほうれい線は、そのままにしてやおくと症状が進んでしまうことがあります。ですので、むくみを取るような運動や、ライフスタイルの改善、美容外科クリニックでの治療などが求められます。美容外科クリニックでは、悩みに合わせて様々な治療法を提案しています。高周波を当てて真皮層のコラーゲンを生成し、全体的に肌を引き締めるサーマクールは、痛みがない最新機器も登場しており、人気が高まっています。

女の人

目的に合った方法を選ぶ

肌のたるみが悪化すると、ほうれい線の溝が深まって老けた印象が強まります。美容外科クリニックでは、ヒアルロン注射やフェイスリフトなど、たるみに効果的な施術方法がたくさん用意されています。自分の目的に合った方法を申し込みましょう。

注射

プロの技で若返る

顔の皮膚のたるみもほうれい線も、正しいスキンケアで防ぐことができますが、一度生じてしまったものを改善することは簡単ではありません。すでにたるみがあるという人は、美容整形外科クリニックでヒアルロン酸注射やリフトアップ施術を受けましょう。