加齢に伴うたるみやほうれい線の問題!美容施術で一気に解決しよう

  1. ホーム
  2. 選択肢が豊富である

選択肢が豊富である

頬を触る人

40代を過ぎると、誰しも頬が下がり、ほうれい線が目立つようになります。たるみやほうれい線は、化粧品での改善は難しいため、美容治療を受けるのが最善の方法です。美容治療というと、傷跡が残ったり、しばらくは外出できないほど顔が腫れたりするイメージですが、今はプチ整形と呼ばれるメスを使わない施術でも、ほうれい線やたるみを改善することが可能です。そのため、施術してすぐにメイクができるものさえあり、日常生活にほとんど支障をきたしません。ほうれい線を改善する治療で、ダウンタイムが少ないのは、ヒアルロン酸注射と高周波照射です。ヒアルロン酸注射は、ほうれい線の部分にヒアルロン酸を注入してふっくらさせ、しわを無くすという方法です。注射するだけなので傷跡も残らず、即効性のある方法です。高周波照射は、高周波を照射して肌を火傷状態にし、肌の治癒力を利用して、コラーゲンの生成を活発にする方法です。肌のたるみが改善できるうえ、肌が活性化されるため、美肌効果も実感できます。効果が出始めるのは、照射してから1ヶ月程ぐらいで、月に3回から4回照射すると、より高い効果が得られます。このような切らない施術は、ほうれい線やたるみを引き上げ、持続する期間が半年から1年と少ないのが特徴で、定期的に施術を受け続ける必要があります。持続期間が長いのは、切開して皮膚を引き上げて縫合するリフトアップの施術で、5年から10年持続します。色々な施術の選択肢があるのも、美容治療のメリットです。美容治療の相場は、切らない治療の場合は10万円から25万円、切る治療の場合は、30万円から100万円が相場となります。値段だけ見ると高く感じてしまいますが、なかなか効果の出ない高価なアンチエイジング化粧品を使い続けることを考えると、確実に効果の出る美容治療は、割安といえるでしょう。治療を受けると、必ず効果を実感でき、ライフスタイルや予算に合わせた施術を選べるのが、美容治療の魅力です。肌のたるみやほうれい線が気になるなら、治療を考えてみるのもよいでしょう。