加齢に伴うたるみやほうれい線の問題!美容施術で一気に解決しよう

  1. ホーム
  2. 目的に合った方法を選ぶ

目的に合った方法を選ぶ

女の人

気軽に試せる施術方法

普段からどんなにスキンケアに気を使っていても、年齢を重ねれば肌にたるみが生じます。たるみが悪化すれば、周囲に老けた印象を与え、実年齢よりも上に見られるようになります。特に、人と対面した時に一番目につくのが頬のほうれい線です。ほうれい線が深いとそれだけで、グッと老けた印象を与えてしまいます。たるみは悪化してからでは対処が難しいので、少しでも頬のたるみが気になり始めたら、美容外科クリニックに相談しましょう。たるみを改善する施術方法は、注射一本で済む方法から顔を切開して糸を埋め込む方法まで様々ですが、初めて美容外科クリニックで施術を受けるという人には、ヒアルロン酸注射がおすすめです。ヒアルロン酸注射とは、ほうれい線などの肌を持ち上げたい部分に直接注射針でヒアルロン酸を注入するという方法です。10分程度という短時間で、数万円という手ごろな費用で済むという点から高い人気を集めている施術方法になります。また、ヒアルロン酸は元々人間の体内に存在する成分なので、アレルギーを持っている人でも安心して受けられるというのもヒアルロン酸注射の良い点です。いきなり顔にメスを入れる切開手術を受けるのは不安だという人は、まずはヒアルロン酸注射で様子を見てみましょう。ヒアルロン酸注射の効果は半年から一年ほどで消えてしまうので、効果を維持したい場合には半年ごとに美容クリニックに通って下さい。一方、高い効果を半永久的に維持したいという人には、フェイスリフトという方法がおすすめです。フェイスリフトとは、耳や頭の一部を切開して肌を引き上げる方法です。耳の辺りから肌を引き上げることで、たるみが緩和され、ほうれい線の溝も浅くなるのです。この方法は施術費用として最低でも20万円程度かかります。当然、メスを入れるので、しばらくケアに気を使わなければなりませんが、その効果は10年は継続するといわれています。高い効果を長期間維持したいという人には、おすすめの方法だといえます。この他にも、高周波治療やスレッドリフトなど、美容外科クリニックによって様々な方法が用意されているので、自分の目的に合った方法を選びましょう。