加齢に伴うたるみやほうれい線の問題!美容施術で一気に解決しよう

  1. ホーム
  2. 見た目年齢を若くするなら

見た目年齢を若くするなら

女性

選択基準に合わせて選ぼう

顔にあるのとないのでは、見た目の年齢も随分と変わってしまうのが、ほうれい線です。美容整形クリニックでは、ほうれい線をはじめとした顔のたるみ治療も数々揃っておりますので、若返りを目指す際に重宝します。ですが、最初は手軽な方が良いという場合なら、ヒアルロン酸注入などの注射系を選ぶと良いでしょう。早ければ施術は10分前後で終わり、治療後もメイクをしてすぐに帰れます。ダウンタイムもほぼ考慮する必要がないたるみ治療ですので、明日のお仕事に影響を出したくないといった選択基準でも適した施術です。しかしながら、ほうれい線のたるみが少々進行している場合や、注射系よりも長い持続効果が選択基準であれば、糸を使ったリフトアップが魅力的になります。これは糸を皮膚内に通してたるんだ肌を持ち上げますので、ほうれい線の改善でも人気のたるみ治療です。一方、肌を切らないのはもとより、針や糸も使いたくないのが選択基準なら、医療マシンによる照射系の治療を選びましょう。例えば、サーマクールもほうれい線のたるみ治療では評判の施術になっています。これは高周波を照射して、その熱反応でコラーゲンの線維を収縮させ、照射直後から引き締め効果を期待できるのです。高周波を受けた肌の奥深くでは細胞の生成が活発化され、コラーゲンも新しく作り出されていきますから、年齢と共に少なくなったコラーゲンを増やしてくれる施術となっています。さらにサーマクールは1回でも効果を感じられるほど即効性にも定評があるため、同窓会や披露宴など、短期間の内に何とかしたいといった場合でも、着目しておくと良い治療です。ところが、たるみの量が多く、ほうれい線も強く出ている場合では、メスを使った美容外科的なリフトアップが効果的となります。たるみの原因ともされる表在性筋膜も肌と一緒にリフトアップしますので、若返り効果が特に高いのが特徴です。そのうえ持続効果も長いため、若い見た目を長期間キープするのが選択基準の場合でも、選ばれることが多い治療内容になっています。そして、治療先の美容整形クリニックを決める時は、経験豊富な医師を選ぶのはもちろん、カウンセリングを丁寧に行ってくれる、自分と相性が良いことも基準として選びましょう。